10.デジタル改革の推進と持続可能な行財政運営

新たな時代を展望 デジタル改革の推進と持続可能な行財政運営

  • 市民に優しく利便性、効率性を第一にしたデジタル改革の推進
  • 借金に頼らない財政(プライマリーバランス黒字)の堅持
  • ムダを省き新たな行政課題に機動的に対応する簡素で効率的な行政組織づくり
  • 自治会、NP〇、ボランティアの活動を支援し市民協働のまちづくり

これまでの取り組み

  • 庁舎に総合案内やワンストップ窓口を設置
  • 県内12市中トップであった1人当たり借金残高を削減
  • 繰り上げ返済(37億円)により利子を1億円削減
  • 市長公用車の廃止と報酬のカット
  • 市民ミュージカルなど提案型市民協働事業を実施
  • 地区行政センターに地域予算枠を確保
  • 適正な行政のための公文書管理条例を制定